2016年07月14日

orange・・・・・

orange-オレンジ- DVD通常版orange-オレンジ- DVD通常版



未来からの手紙から始まる物語

「orange」

こういうタイムリーブ的なお話にはめっちゃ期待大です・・・・


見終わっての感想は

んーいい話ではあったけど、泣くまでは行かなかった・・・
むちゃむちゃ期待してた分のギャップが大きかったせいかなぁ

お話としては、26才の主人公が17才の自分に宛てた手紙から始まります
そこには17才の時好きだった彼が事故でなくなってしまうことが書かれていて
17才の自分に彼を救ってほしいと、後悔しないよう行動して欲しいと・・・
ここまでは一体どんな展開なんだろうってワクワクしていたんですけど
いろんなエピソードがいまいちというか・・・

全体的に思ったのが、友情なのか恋愛なのかその辺が中途半端な感じがしました
もちろん両方ともがテーマなんだろうけど・・・・
あと、手紙をもらった彼女の世界で、いろいろと改変されていくんだけど
これってパラレルワールドってことで終わり?
手紙を出した彼女の世界では、死んでしまった事実は変わってなさそうだし
パラレルワールド=夢の話って感じ・・・・・

主人公の土屋太鳳ちゃんの演技がどうもしっくりこなかった・・・・
演技にしてもあのしゃべり方はやりすぎじゃないって思って
余計に感情移入しにくかったのもあります
対照的に、山崎君の演技はよかったと思う
なんか影を抱えてる高校生って雰囲気がとてもでていたわ


テーマとしてはとてもよさげだったがけにちょっと残念でした・・
今アニメでもやっていますが、そちらのほうも見てみようと思っています

ラベル:orange
posted by さくさく at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画-日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。