2016年02月10日

メイズ・ランナー・・・・・

メイズ・ランナー [DVD]メイズ・ランナー [DVD]


アメリカのベストセラーSF小説が原作の

「メイズ・ランナー」

なんでも、キューブ+ソウ+バイオハザードという感じらしいので期待・・・・・・


たしかにキューブ的なはいりで
いきなり現実世界から隔離された所へ、入れられてしまう主人公
当然訳がわかりません
そこには若い男性ばかりが自給自足する村のようなところ
しかし周りには巨大な壁に覆われ、そこからでることは出来ない
といっても完全にでれないわけではなく、ある時間になると
壁が裂け、壁を越えることは可能なのだけど
そこから先は迷路だった・・・・

物語はそこで生活をしてる若者達の葛藤だったりするんだけど
主人公がきたとたんそれまで保たれていた秩序が徐々に乱れ始める
そんな展開はよくあることだけれど、ここまでの経緯や
状況がほとんど説明されないのでいったい銅なんだろうということを
想像していくのはなかなかワクワクしてみてました

外に行くために迷路をぬけなければいけない
その迷路には謎の生物がいて、迷路に迷い込む者を襲うというあたりから
どうもB級臭がし始めました(笑)
ただこの手にありがちなB級作品と違って、コミカルなところはほとんどなく
けっこうシリアスな展開で進んでいきます
でもやっぱりモンスターあっさり登場させちゃったり
モンスターの造形なんかがめっちゃB級ってかんじなんですよね

展開が早いせいか、いまいち閉じ込められた若者達の
心理描写も足りないような感じで
のめり込めませんでした
いろんな伏線もはっているっぽいけど上手く回収できてない感じ・・・・・
題材としては凄く面白そうなのでちょっと残念でした

ただこの作品3部作ということなので、まだプロローグと思えば
この先続編には期待できると思います
2,3にはもっと練り込んだ演出、設定で楽しませてください!・・・


posted by さくさく at 04:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画-一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見ました、メイズランナー。
感想が被るところがあって意見としては新しい目線じゃないのが微妙ですが…。

展開の早さゆえに感情移入しにくいのは、自分も感じました。終盤に進むにつれ物語のスピードは激化していって、この1作だけでは、ほとんど全容が掴めないで終わったなぁと思います。

毒をくらえば記憶が戻る設定は分かりますが、戻ってるのに大したこと喋らないところとか、ツッコミどころが多いですねw

2・3作目を見てみて、それからかなって気はします。
Posted by れーふぃあ at 2016年02月10日 15:54
>れーふぃあさん

コメントありがとうございます
あくまで3部作のプロローグとしてみないと
これだけではたしかにさっぱりですね・・・
続編、完結まで見てから判断しないと・・・・
Posted by さくさく at 2016年02月11日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433627684

この記事へのトラックバック