2015年01月15日

オリエント急行殺人事件・・・・・・

03bb33d8802cbcb59cbbab571951aa7e.jpg

有名なアガサ・クリスティ作の推理小説

「オリエント急行殺人事件」

三谷幸喜脚本でリメイクされたドラマ
さてさて・・・・・・・・


昔、映画化されたこの作品を見たときの衝撃は未だに忘れられません
まだ中学生ぐらいだったと思うけど、TVで見たときなんです
その印象があるので、このリメイクはどうなんだろうって
ちょっと心配もありました
三谷作品のコミカルな部分は、いまいちあたしにはフィットしないとこもあったので・・・

ただ、清洲会議が意外と面白かったので、期待半分といったところで
鑑賞してみました
2夜にわたり、6時間という長編でしたが、あまりだれることもなく見れました
ちなみに録画で一気に見ました
1夜目は、映画と同じような流れで、事件から探偵勝呂武尊が犯人を推理し暴いていくところまで
2夜目は、犯人達の目線から事件に至までを描き、ラストに締めるといった感じでした

原作のポアロとは若干味付けは違いますが、野村萬斎さんの勝呂探偵は、なかなかよかったです
三谷作品のコミカルな部分もでていたし
何とも特徴のあるキャラは、賛否両論かもしれませんが
リメイク作品の特徴としてとてもよかったと思いました

他の俳優さん達もとてもよくて、なかでも松嶋さんはよかったです
富司さんや。草笛さんなどもこの時代設定を意識した演技でとてもいいアクセントだったと思いました
全体的に、昭和初期の日本時代にリメイクしたなぁといった感じで
期待以上の出来だったかなと思いました

よかっただけに、ちょこちょこよくなかった点が目立ってしまいましいた
まず、杏ちゃんのキャラがどうも軽すぎて違和感がありすぎました
全体的に重くなりがちな犯人側にちょっと軽い感じのお嬢様を描きたかったんだろうけど
なんだかよくある完全犯罪ものに自分勝手な人が一人いて、そこからほころびがでて
最終的に完全犯罪にならず、ぼろぼろになってしまうっていう定番物みたいで
そういうのは、この作品にはいらなかったんじゃないかなぁって思いました
富司さんが、不謹慎だけどちょっとワクワクしちゃうって台詞があったけど
そこには全然嫌悪感がわかないのは、女優さんのちがいかなぁ
杏ちゃん自体はほんとにいい女優さんだと思っているので、このキャラはちょっと残念でした
あとはラストかなぁ
たしか映画版は、犯人達は自供しなかったと思うんだけど
ポアロの推理のみじゃなかったかしら
それで、ポアロが外部犯人説をとって、みんな抱き合って終わるだったかな
この作品では、自供しちゃって勝呂は見逃すって終わり方なんだけど
たしかに探偵だから、見逃してもいいっていえばいいんだけど
そこは、あくまで知らない、推理だけにするって曖昧さでもよかった気がしました
特に、この勝呂なら知ってしまったらもみ消せないって思うようなキャラ付けだと思うので・・・・

とまぁ不満もちょこちょこありましたが、とても見応えのあるドラマだったと思います






いろは坂殺人事件もきっとやるんだろうなぁ・・・・(笑)


posted by さくさく at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。