2014年08月12日

陽だまりの彼女・・・・・・・

陽だまりの彼女 DVD スタンダード・エディション陽だまりの彼女 DVD スタンダード・エディション


もうすぐ公開ホットロードとおなじ監督作品の

「陽だまりの彼女」

タイトルは知っていたのだけれど・・・・・・・・


ちょっと聞いた感じでは、べたべたな恋愛映画っぽいので
まぁ嫌いではないかなってあまり期待もせずにみました

たしかにべたな恋愛ものっぽい雰囲気はめっちゃかもし出してはいましたけど
陽だまりって映画のタイトルからか
映像全体がちょっと眩しいそんな感じが出ていてすごくいいです

主演のまつじゅんと上野樹里ちゃんがすごくいい感じでした
まつじゅんってめっちゃいけめんってかんじなのに
この作品では、すごくふつーっぽい等身大な演技でした
対して上野樹里ちゃんは、とにかく明るい、でもちょっと影のある演技が素敵でした

このふたりがとんとん拍子で結婚まで行ってしまうとこまでは
とにかくニヤニヤしっぱなし^^
でもところどころで出てくる伏線で
もしかしてってあたしでもわかってちゃうようなラストでした
だからといってがっかりではなくって
むしろそうならいいなという風に思ってしまう流れでした

んでラストは、時かけみたいに記憶まで消えてしまう・・・・・
ただ時かけと違うのは消えてしまう記憶の期間、その大きさ
12年間好きな人の記憶が消えてしまう喪失感は、あたしには想像できない
人生を変えるような人の記憶が消えてしまって
それを埋めるものはいったいなんなのかってすごく思いました
だから余計に切なくて泣いてしまいました
ただあのラストシーン
あそこからまた1から始まればいいなって
そんな希望が芽生える最後でよかった


この監督さんならホットロード期待できるかな?・・・・・・・・・・・・・



posted by さくさく at 13:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画-日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

陽だまりの彼女
Excerpt: 陽だまりの彼女 MOVIX川口 10/12公開 取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒 (上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。 学年有数..
Weblog: 単館系
Tracked: 2014-08-13 01:12