2011年07月30日

コクリコ坂から・・・・・・・・・・・

コクリコ坂から [Blu-ray]コクリコ坂から [Blu-ray]


なんと、ジブリ作品初の劇場鑑賞!!

「コクリコ坂から」

なんか評判良さそうだったので見てみることにしました

いままでジブリ作品と相性が悪いのか、
見始めて10分で睡魔に襲われまともに見ていなかったんデス・・・・・
トトロと耳をすませばの2本だけは、何とか見ました

そんなジブリ作品ですが、ちらっと聞いたところ
ストーリーもちょっと興味があり
勇気を出しての劇場鑑賞(笑

時代は戦後直後といった感じ
とてもまったりとお話は進んでいきます
でも、このまったり感がなかなかよかったデス
海ちゃんと俊君の絵に描いたようなさわやかな高校生描写
(絵でした・・・・・・・・)
すごく感動したとかは、なかったですケド
じわじわとくる作品でしたね
絵もすごく綺麗でしたし
全体的にすごくまとまっていると思いました


あたし的に残念だった点
時代背景がどうもぴんとこないんですよねぇ
なんでこーいった雰囲気の作品って、ノスタルジーなんですかねぇ
今の時代設定でも、こーいったのは出来ないのでしょうか
そして時代設定もあるのか、ちょっと難しい言葉とゆーか
ついてけないとこともしばしばあって、めいっぱい感情移入出来なかった・・・・
そして、音楽ももうちょっとといった感じでした
このあたりは、個人の好みがかなりあるのかも


でも、お話そのものは、ベタでもすごくよかったし
声優さんたちが、女優や俳優さんたちとゆーのもいい感じでした
ただ長澤まさみちゃんのアニメ声優というとデトロイトメタルシティを思い出してしまって
ちょっと笑ってしまいましたが・・・・・・


これを機に、ジブリ作品をもっと見てみようかなと思いました


posted by さくさく at 02:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画-アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217416733

この記事へのトラックバック

コクリコ坂から(2011-050)
Excerpt: ゲド戦記の監督である宮崎吾朗氏がなかよしに連載された同名漫画を 映画化。 原作は読んでいない様な気がしますが映画館での予告で「兄妹」だ とネタばれした時点で気になってしょうがなかった作品。 ..
Weblog: 単館系
Tracked: 2011-07-31 00:08